片頭痛 前兆症状

片頭痛の前兆症状を知っておきましょう

片頭痛というと普通の頭痛とは違い定期的にその痛みや吐き気が発生するということが特徴であり、すべての人ではありませんが、前兆症状があるということが大きな特徴になります。自分が片頭痛であるという方は、この前兆症状をキチンとおさえておけば、大事な場面でも自分で対処ができるようになりますからおさえておきましょう。

最も大きな前兆症状としては「視覚障害」があります。
こちらは明らかに視界がぼやけはじめるため、片頭痛が起きる前兆として比較的把握しやすい症状といえます。
それに加えて運動障害、言語障害、めまい、耳鳴りといったことが前兆症状として報告されていて、一度把握すると、次の片頭痛でもこういった症状があらわれることが多いため、薬の服用のタイミングとして活用することができます。

 

あまり薬に頼りすぎると薬がききにくくなってしまうため、こういった前兆を活用して片頭痛対策を行うということが一般的な手法となっていますから、この点だけはキチンと把握しておいてください。ちなみにこれ以外にも前兆症状がいくつかあるのですが、何度か片頭痛を経験するうちになんとなくわかってくるようになりますからこれが前兆だとはやめに把握するようにしてください。

片頭痛の前兆症状を知っておきましょ関連ページ

片頭痛の前兆症状が起こったらどうすればいいの?
片頭痛の前兆症状が起こったら、出ないような行動をとることも必要です。片頭痛とうまく付き合っていく方法を自分なりに考えておくといいでしょうね。
片頭痛になったときに薬を飲むタイミング
片頭痛になったときに薬を飲むタイミングは大切です。薬によってはタイミングを間違えただけで嘔吐症状など更に症状がひどくなることもありますので注意しましょう。