片頭痛 薬

片頭痛になったときに薬を飲むタイミング

病院で処方される片頭痛の薬には通常、鎮痛薬や血管拡張予防薬、消炎鎮痛薬のいずれかが処方されます。
片頭痛は薬を飲むタイミングが重要となり、なるべく痛み初めに薬を服用することで症状が徐々に緩和されるようになります。逆に、我慢できないくらいのタイミングで薬を服用しても、痛みを抑える成分があまり効かなくなってしまいます。
特に、血管拡張剤を処方されたときは、飲むタイミングが遅すぎてしまうと、吐き気をもよおしたりすることがあるので、注意が必要です。中には、血管拡張予防薬と加えて、消炎鎮痛薬や鎮痛薬を処方された際には、痛み初めに最初、鎮痛薬を服用し、それでも症状が治まらなかったら、消炎鎮痛薬を服用するとよいでしょう。

 

片頭痛に使用される鎮痛剤等は、効き目が強い薬であればあるほど、長期的に服用していると、だんだんと効果が薄れていってきます。片頭痛が起こることを心配して、事前に服用したり、毎日鎮痛剤等を飲むようになると、片頭痛がさらに慢性化して悪化する原因にもなりますので、出来るだけ症状が起きた時だけに絞って、鎮痛剤を服用するようにするとよいでしょう。

片頭痛になったときに薬を飲むタイミング関連ページ

片頭痛の前兆症状が起こったらどうすればいいの?
片頭痛の前兆症状が起こったら、出ないような行動をとることも必要です。片頭痛とうまく付き合っていく方法を自分なりに考えておくといいでしょうね。
片頭痛の前兆症状を知っておきましょ
片頭痛の前兆症状を知っておくことで片頭痛の症状が緩和されたり、起きない場合もあります。片頭痛は前兆症状があることがほとんどですので、少しでも不快感から解放されましょう。