片頭痛 改善方法

片頭痛の改善方法

片頭痛を引き起こす原因には、長時間の仕事や緊張感、ストレス等から解放された際、女性ホルモンの変動によるもの(月経の前後、排卵期、閉経後など)、直射日光などの強い光などを見て、それらの残像が眼に残って誘発するもの、アルコール(特に赤ワイン)の摂取によるもの、睡眠不足または睡眠過剰によるもの、気圧の変化や体質等があげられています。

 

片頭痛が起こるときには、「閃輝暗点」という前触れのような現象が起こり、そのあと片頭痛が発症するようです。
「閃輝暗点」とは、突然目がかすんだように見えたかと思うと、視界にチカチカと蛍光灯のような光が現れたり、ギザギザな線が表れたりすることです。大体20〜30分程度で収まるのが普通ですが、その後片頭痛が起こります。

 

片頭痛が起こった際には、鎮痛剤を飲む、睡眠をとる、頭を氷枕などで冷やしたり、人によっては温めたほうが改善される場合があります。そのほか、こめかみの後ろ、首周りのツボを指圧やマッサージをして、血行を良くすると徐々に痛みが緩和されることがあります。あまりにもひどい片頭痛の場合は、病院を受診することをおすすめします。

片頭痛の改善方法関連ページ

片頭痛の症状は人それぞれ
片頭痛の症状は人それぞれです。軽い人もいれば日常生活に支障があるほどひどい片頭痛の症状の方もいます。
片頭痛の原因
片頭痛の原因は様々な原因があります。もし片頭痛の原因が特定できれば改善も簡単に出来るとはおもいませんか?
片頭痛の予防法
片頭痛の予防法を知り、偏頭痛が起こる前に対処できたらいいですね。