偏頭痛

偏頭痛 目の疲れ

 

疲れ目からの偏頭痛

PCや携帯、車の運転など日常的に毎日目を使いすぎていませんか?
眼の使いすぎが原因で、肩こり、偏頭痛が起こっているのではないですか?

 

偏頭痛は疲れ目が原因で起こることもよくあります!!
ドライアイ、眼球疲労などにまで症状が悪化することが無いように早目の対処が必要ですね。

 

手軽に始められると人気なのがブルーベリーサプリです。1ヶ月1袋で十分ですし価格も安いことから無理なく続けられるサプリメントでもあります。また、ブルーベリーサプリには目にいいと言われているアントシアニン以外にも、健康を促進する素材が配合されていることから、人気サプリとなってきています。

 

 

こんな症状ありませんか?

頭が重い・頭がボッーとする・肩が重い・肩がこる・背中が痛い・首を動かしにくい・腕が重い・目がショボショボする・スッキリしない・顎が痛い・小さい文字が見ずらい・PCや携帯を頻繁に使う・車の運転をよくする

 

               ひどくなる前に早目の対処を行っていきましょう

 

 

目の奥が痛いときの応急処置

目の奥が痛いときの応急処置ですが、コンタクトを付けている人は、とりあえず外すことです。目の奥の痛みから血管拡張型頭痛が起こっている場合の応急処置としては、過剰に拡張している血管を冷やすのが効果的です。眼を瞑って、まぶたの上から眼球のマッサージと冷えたタオルを眼にあて、10分程度眼を安静にすると効果があります。よく目の奥が痛くなる人は、日頃から、眼が痛くなくても毎日夜のゆったりした時間に冷えたタオルで眼を安静にすると高い効果が得られます。ただ、目の奥が痛い症状があまりにも頻回に起こる場合は、眼科を受診することです。眼圧が上がると同じような症状が起こるので、緑内症などの疑いが懸念されるからです。簡単にできる目の奥の痛みの応急処置としては、手のひらの親指と人差し指の間を反対側の手の親指で挟むようにして揉むと、少しましになります。目の奥の痛みがある場合、親指と人差し指の間が固くなっていることが多く、そこを徐々にもみほぐして静かに横になっていると、比較的早く回復する可能性があるので、試してみましょう。

目の疲れの原因

目の疲れの原因は、目のまわりの筋肉が疲れている状態にあります。目を酷使したり、無理して見ようとすると、筋肉疲労になります。眼球を支えているのは、目の周りの筋肉で、それは、目を動かす外眼筋という筋肉です。筋肉は、同じ位置で長時間眼球を支えていると、乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉疲労を起こします。そして、目のレンズと言われる水晶体やレンズを支えているチン小帯、毛様体筋などのピントを合わせるための筋肉も、無理にピントを合わせようとすると、疲労を起こします。目の疲れと言えば、最近多いのが、コンピューターやテレビを多用する人に多く見られます。長時間同じ姿勢で画面を見るという行為は、長時間同じ距離で目のピントを合わせることになり、目の機能が固定化されてしまいます。一定距離で目の機能が固まると、次にそれ以外の距離に合わせようとしても合いにくい状態になり、遠くがぼやけた感じになってきます。また、メガネやコンタクトレンズが合っていない人や老眼が始まった人なども、無意識に目を酷使して、目の疲れを誘発します。目の疲れは肩こりとも関係していて、首や肩のこりが目に影響を与えることも多く、逆に目を酷使することで、肩こりになる場合があります。

目の充血の原因

目の充血の原因ですが、まず、目の充血がなぜ起こるのかというと、それは何かの影響で、白目の表面の血管が拡張し、それが浮き上がることで赤く充血します。目が充血する原因には、まず、細菌やウイルスの感染で、目の表面が結膜炎を起こし、白目の毛細血管が拡張することが挙げられます。また、単純に眼を強くこするなどの行為による物理的な刺激が原因で、充血する場合もあります。他では、読書やテレビゲーム、パソコンのやり過ぎなど、眼を酷使してしまった場合や、コンタクトレンズによる影響、そして目が十分に休養できてない場合に、目に酸素や栄養分を補填しようと血液が多く流れて血管が拡張するなどのことが充血の原因になるケースもあります。目の充血の原因で一般的によくあるのが、目を長時間酷使することによる眼精疲労です。目は日頃の日常生活で酷使されている場合が多いにもかかわらず、それに適する休息やケアをしていない場合がほとんどです。眼精疲労からくる目の充血は、病気ではなく一つの症状にしかすぎません。つまり、自己防御反応になります。充血の症状がひどくない場合は、目薬を点眼したり、ゆっくり十分に睡眠をとり、目を休めてあげることである程度解消されます。